第18回ふくしプラザハートフルフェスティバルに参加して  T.K.


 

研修を終えて初めてつるの会の行事に参加しました。

フェスティバルの2日間は、無我夢中であっという間に過ぎてしまいました。

振り返って見れば、そこでの体験は反省することばかりでした。

現地ではイベントやいろいろな展示即売会がありましたが、

自分自身が展示物に気を取られたり、時間や対応に追われて

充分に全体の状況や必要な情報を伝えることが出来なかったり、

冷や汗の連続でした。

講習会修了証を眺めながら、今はまだ未熟な自分にため息をついています。

講習会で学んだことを実践の中でしっかり生かせる様、これからも

行事などへの参加をとおして経験を積んでいきたいと思っています。

盲ろう者の方が満足して喜んでいる姿をみて、私が喜べたら・・・

課題が山積みですが頑張りたいと思います。

 

 

2105.12  クリスマス会に参加  O.S.


てくてくてく・・・あれ?

見覚えのある水道・机・・・あの時からはや6年。

絵描き教室に参加した時の僕は、今よりも未熟で幼かった。

介助者に連れられ椅子に腰を下ろす。

すると教室にはつるの会の皆さんが集まってきて、なぜか懐かしさが重なった。

しばらくすると、松井さんのあいさつで、クリスマス会が始まり、皆さんの視線が集まった。

昼食は、すぐ近くの食事処、味の民芸へ。

初めてわたる横断歩道。味の民芸に入るとすぐに、食事が運ばれてきた。

僕は3種類ある中でカツ重を注文した。うどんもついていたので、

うどんだけ食べカツは残した。

センターに戻り軽い運動をして、体をほぐした後おやつを食べた。

ケーキは何種類かあったので、1番にもらった。ケーキを食べ終わりお茶を飲み一息。

皆さんが食べ終わると、最後にゲームをした。

競争ではなく、障害者と介助者がしっかりと、コミュニケーションをとれるかが

大事だと思った。

どの介助者もコミュニケーションの始まりから、安心して楽しめた。

皆さんありがとうございました。

2015.12  クリスマス会に参加して  M.S.


12月13日(日)桐生市総合福祉センターで、クリスマス会が行われました。

今回は会場が少し遠かったけれど、寒い中、盲ろう者7名、養成講習修了者、

介助者合わせて、28人参加しました。

自己紹介は、人数も多くいたので、修了者には住所を言ってもらいながらだったので、

時間がかかりました。

少し経ってから暖かい服装で、近くの食事処へ小雨の中歩いていきました。

昼食は3種類の中から、前もって決めておいたのを美味しく頂きました。

午後はストレッチ体操をして、次はゲームです。最初に自己紹介をし、

二人で風船をはさみながら、割れないように動きました。

数人の介助者と歩いたので、体が暖かくなりました。

ゲームも終わりになり、美味しいケーキを皆で頂き、楽しい時間を過ごしました。